今日を摘む

ハガキでは間に合わないときの手紙ばこ。

禅せんせい、インスタデビューするの巻。

今年から、

「オシャレ手帳女子になる!」

と一念発起し、ほぼ毎日手帳を書いています。
本当に毎日。
30ぶんの29日くらいしっかり書いております。

やっぱり、私にとって“書く”という行為は特別らしいです。
昔、書道の先生が、

“書く”は“欠く”であり、引っ掻くの“掻く”でもある。
つまり、爪で引っ掻いて何かを傷つけることだ。
“書く”っていうのは、何かを傷つけてでも残したいという、魂の衝動そのものなんだよ。

みたいなことを言ってたなあ。


禅せんせい、インスタデビューするの巻。

さて、本題に戻ります。
私がオシャレ手帳女子にあこがれたのは、ユーチューバーのmoneさんと手帳のじかんさんがきっかけです。

この方たちの手帳、もうちょっと見たいなあ…。
しかし、オシャレ手帳女子の主な生息地はインスタグラム…。
私はインスタのアカウントを持っていませんでした。
というか、インスタ自体に苦手意識を持っていました。
食わず嫌いですね。

えー、インスタあ?? どうせキラキラ系女子がニコニコしながらギラギラにマウント取り合ってんでしょー-??

みたいな。

勇気をもって踏み出してみたら、あら意外。
そこは思った以上にブルーオーシャンでした。

もちろん、上位層ではギラギラのマウント取り合いも起こっているのでしょうが、それはあくまで沿岸漁業でのひしめき合い。
ちょっと沖に出てみれば、だれもが自由でいました。

まるで、悠々と大海原をゆくシロナガスクジラのように。
群れることなく、誰もがその個性を遺憾なく発揮していました。

なんか、この自由さ、心地いいかも…。


そんなわけで、先日から書いた手帳をインスタにアップしています。
でも、「手帳をオシャレに見せる」っていうことはしていません。
だって、私の性格上、絶対続かないですもん。

え? オシャレ手帳女子になるんじゃなかったのかって??
いいの。


手帳がオシャレじゃなくたって、手帳を書く女性はオシャレなの。

 

アカウントは、

zen.carpe.diem

です(貼り付け方分からなかった)。


f:id:ZenCarpeDiem:20220329204224j:image

⬆こんな感じのオシャレじゃない手帳を小瓶に入れて海に浮かべてます。

 

 

《オススメのオシャレ手帳女子本!》

 

 

健康が気になるお年ごろ

せんせいのふゆやすみ。8日目。

昨日のチネチッタ、最高でしたね…!
岩浪監督の…ゲリラインタビュー? サプライズトークイベント??
めっちゃ楽しかったです!

羅小黒戦記のDVD売り上げが6万本超えてるらしいし、一人のファンとしてめちゃくちゃ嬉しいです!
2022年1月も塚口サンサンで上映があるし、まだまだ劇場でロシャ見られそうなのも嬉しいですね!

さて、今日は2021年の気づきの一つについてまとめます。

 

健康が気になるお年頃


わたくし、30代前半なのですが、ついに年齢というものを感じ始めました…。


まず、手足がめちゃくちゃ冷える。


ちょっと手のひらをこすったり、足踏みしたりしても全然ききません。

冷えって血流の問題でしょ?
私、毎日湯船に浸かる派だし、野菜もしっかり食べてるのになんで??
って思ったんですが、アラサーになるとそれだけでは健康を維持できないみたいです。

つまり、運動が必要なのです。
健康を維持するために筋肉もキープしなければならないのです。

そんなわけで、手足の冷えを感じたら運動するようになりました。
といっても、寒いのキライだし走ったりするもの好きじゃないので、私は室内でやってます。

具体的には、

バランスボードに乗って
スクワットしながら
アイドリッシュセブンをやってます。

(安全なところでやってね!)
マーチングの経験があるので、下半身は別の動きをしながらもリズムを崩さない、という縛りプレイに慣れてるんですよね。


カマワミワさんのブログ(だったかツイッターだったか)で、

「スクワットは運動量が多いので、スクワットやっときゃ大丈夫!」

って書いてあったので、それにならっています。

 

あと、風邪の治りも遅くなった気がします。
12月の頭にのど痛めちゃったのですが、土日の睡眠だけじゃ全然回復しませんでした。
平日なるべく早く帰って休もう、って思ったのですが、師走の忙しさにそれもできず、結局冬休みまで完治しませんでした。

 

ちょっと時間過ぎちゃったけど、みなさんよいお年を!

ブリーチのカッコ良さは無機質な背景が支えている

せんせいのふゆやすみ。6日目。


f:id:ZenCarpeDiem:20211229183357j:image

渋谷ヒカリエで開催中のブリーチ展に行ってきました。

私のブリーチ歴は最初~ソウル・ソサエティルキアが連行される~エスパーダっていうやべぇのが出てきた…くらいで止まっています。
巻数で言うと20巻くらい?
風のうわさで、

日番谷くんが老けたとか、
月島さんのおかげとか、
バンビエッタちゃんのバスターバインがばいんばいんだとか、

そんな程度の知識なのですが、ブリーチ展はめちゃくちゃ楽しめました。

ブリーチの格好良さは無機質な背景が支えている

一護VS恋次の生原画を見て思ったのですが、

ブリーチの背景、ゾッとするほど無機質じゃない…?


f:id:ZenCarpeDiem:20211229183307j:image
ここに展示されているやつ。

定規で引かれた均一な線。
そこまでは当たり前のことなのだけれど、ブリーチの場合、

"背景の線に、感情が全く無い"

んですよね。

私の主観なんですけど、フリーハンドで描かれた

「味のある背景」

ってあこがれません?
世間的にも、

「シンプルなのに味があって、情緒を感じる背景」がすごい

っていう風潮がある気がするんですよね。
ちょうど展覧会やってるこちらみたいな。


f:id:ZenCarpeDiem:20211229183220j:image

(谷口ジロー展は1月4日から行けます)

一方、ブリーチの背景からは一切の感情が読み取れない。
一切の感情を排した、冷徹で無機質な背景。
だからこそ、

ドーン! バーン!ギャーン!!

っていう、原稿用紙に叩きつけられた墨の勢いや、
ベタと白とのメリハリや、
粗密が引き立っている。

ブリーチの無機質な背景は、けっして表だって目立つことはない。
けれど、まるで縁の下の力持ちのように、ブリーチのカッコ良さを影から支えているのだと思います。

ー・ー・ー・ー

これからブリーチ展に行かれる方は、ぜひ背景にも注目してみてください。

あと、
・平日券を買った人は公式サイトで、

「来場時間の事前予約」が必要

なので気をつけて下さい。


(公式サイトでは、来場時間の事前予約が"可能"って書いてますが、実際は"必要"です。
canとmastじゃ文意違っちゃうよ! っていう)

 

ブリーチの冒頭ポエム、順番に言えるか選手権したことがある人は手を挙げてください。

ハイッ ´▽`)ノ

アイナナ5期、おめでとうございます!


f:id:ZenCarpeDiem:20211227235731j:image

せんせいのふゆやすみ。四日目。

 

実はお休み取ってて三連休でした。

こんなに雪が積もるとは……! 我ながら先見の明がありました。

 

さて、午前中しっかりぐーたらして元気を充填し、部屋のお片付けに精を出しておりました。

案の定、日記のことは夜11時までさっぱり脳内から消え去っておりました。

 

なかばやっつけになっちゃったけど(ごめんねミッキー!)、今日の日記です。

 

アイナナ5期、今日からスタートです!

アイナナファンの方なら分かって下さると思うのですが、

「わーい! 5期来たー!」

という気持ちが半分、

「今度は……今度は何が起こるんだ??」 

という恐れおののきが半分です。

 

しかも、今回からさくらいたかひろさんボイスのキャラが出るんですよ…!

絶対なんかしてくるでしょ! っていう。

怖いよう*1 フ"ルフ"ル…

 

深呼吸して心を落ち着けながらやっていきます…!

*1:´д`

電子メモパッドはいいぞ。


f:id:ZenCarpeDiem:20211226234552j:image

せんせいのふゆやすみ。3日目。


今日は特別支援学級で大活躍中のアイテム、電子メモパッドの紹介です✨

本家「ブギーボード」は3,000円。
スリーコインズ等では500円で売っているアレです。
(この価格差、どこからきてるんでしょうね…。
電源が電池式か否か?)

学校ではスリコの8.5インチのものを使っています。
子どもたちとのちょっとした会話に使ったり、授業中に使ったりと大活躍です。


説明を図解したり、
クローズド・クエスチョン(Yes or No、①②③で答えられる質問)を出したり、
言葉で答えるのが難しい子には絵で表現してもらったり。

いろいろな場面で使っています。
ホワイトボードでもいいんだけれど、電子メモパッドは一瞬で消せるし、消しカスが出ないのがいいんですよね。

もちろん、特別支援学級だけでなく、通常の学級にあっても大活躍すると思います。
ワーキングメモリの補助をするイメージで使っています。

今回使ったのは、DIME2・3月号の付録の10インチの電子メモパッドです。
あまりにも便利なので、自宅用にもほしいな、って。

自宅では、ブログの下書きや手のデッサン、イラストのポーズ出しに使ってます。
でっかい画面で使いやすいです!

 

 

片付けは疲れる、ということです。

せんせいのふゆやすみ。2日目。


f:id:ZenCarpeDiem:20211225233548j:image

昨日、がんばって机の上を片付けたら、疲労し過ぎて夜まで寝てました。

でもまだ机の"上"しか片付いてないんですよね。

まだ地球が生まれる前みたいな状態の引き出しが待っている……!

耳読は対談形式がおすすめです。 せんせいのふゆやすみ。1日目

『嫌われる勇気』のオーディブル版が神ドラマCDだった…!!

さて、夏休みぶりです。
書きたいことはちらほらあったのだけれど、形にするまではいきませんでした。
無念…!

やっぱアウトプットすると記憶の定着力や理解度が段違いなので、ブログはぜひとも続けていきたいです。
というわけで、長期休み恒例、「せんせいのおやすみシリーズ」です!

耳読は対談形式がおすすめです

隙間時間を活用して本を読もう! ってことで、オーディブルを契約してみました。
月額1,500円で月に1冊、書籍の音声データをダウンロードできます。
テキストはありません。
音声のみです。
(二冊目以降は課金が必要になります)

キンドルの読み上げ機能と違い、オーディブルはプロの声優さんやアナウンサーさんが朗読してくれます。
そう、耳が幸せになるのです。

耳読のポイント
1 難しくない本を選ぶ
2 対談形式(読み手が二人以上いる) 

人によると思いますが、私のポイントはこの2つです。

1 難しくない本を選ぶ

最初に私がダウンロードしたのは、ユヴァル・ノア・ハラリ氏の『サピエンス全史 上』でした。

 


聞き終わるのに二か月かかりました(総時間数は12時間ほど)。
そして、内容はほぼ覚えてません。

……たぶんこれ、紙の本でも読むの大変だと思う…。
紙の本でも2,3回行きつ戻りつしなきゃ理解できないものが、一回聞いただけで理解できるわけがなかった……。

つまり、自分の能力より上のものには手をだすな、ということです。

2 対談形式(読み手が二人以上いる) 

『サピエンス全史 上』を聞いてて、自分が理解できないこと以上にキたのが、

ええ声のおじさまが穏やかなトーンで話してくださる

というところです。

え!? それを言っちゃあおしまいなんじゃない?? ってとこなのですが、要は最高の睡眠導入剤になるんです……‼ 寝ちゃうんです…!
聞いたら眠くなっちゃうので、聞いてる内容が途切れ途切れになっちゃうんですよね。
そして、さらに分からなくなるという……。

読み手さんが二人以上いらっしゃると、セリフに緩急がついたり、感情の上下があったりして全然眠くなりません。
むしろ吸引力まで加わります。

『嫌われる勇気』以外だと、NewsPicksさんが出してる対談シリーズもよかったです。

話をまとめると、オーディブルで耳読をするなら、

ちょっと気になってるくらいのライトな本で、
読み手さんが二人以上いて、
1,500円以上の本

をお勧めします。
(なんで1,500円以上かというと、「1,500円で”一冊”の音声データを買う」というシステムなので、1,500円未満だとちょっともったいないのです)

私は通勤中に聞いています。
今はマスクがあるので、耳読中にどんなににやけてもばれません。

『嫌われる勇気』を聞いている間はずうっとにやにやしてました。
一言でいうと、「青年と教授が親友になる話」です。

おまけにアドラー心理学まで学べちゃうよ! 超お得!!