今日を摘む

ハガキでは間に合わないときの手紙ばこ。

机の広さから考える教育

せんせいのなつやすみ。12日目。

 

昨今の情勢をかんがみ、当自治体も新人研修はZOOM会議をメインに行っております。

私もZoomでしゃべったりするので、研修は職員室ではなく、図書室などの特別教室を使います。
そこで思ったことを書こうと思います。

机の広さから考える教育


f:id:ZenCarpeDiem:20210801225811j:image

図書室の机は6人がけの大テーブル。
研修中はそれを一人で使います。

Zoom用のタブレットPCにメモ用のルーズリーフ、筆箱。
左側には今日使う資料の束をばさあっと広げ、奥には新人研修の資料をまとめたファイルをででんと置きます。

それでもまだまだスペースはあまります。
休憩中にチラ見した本を二、三冊ディスプレイしても余裕です。
なんも考えずに資料をぽんぽん放っちゃってOK。

この、

「なんも考えずにぽんぽん置ける」

というのがめちゃくちゃ気持ちいいのです。


対して、教室の机はどうでしょうか?
ノートと教科書を同時に開いた場合、どこかを重ねないといけません。

授業の進度やノートのスピードに合わせて、常に配置を考えなければならない。


先生の話を聴きながら、

ノートを取りながら、

机の上の配置にも気を回さねばならない。

つまり、これらを要領よくこなせる生徒だけが授業についていけるのです。


これからの教育に必要なこと

机の広さから教育について考えると、面白いものが見えてきます。


大テーブルと教室の机。

現在メインで使われている教室の机は、

「要領の良さ」

を鍛えるのに向いている。
与えられたモノや情報を自分で取捨選択して整理する。
授業のスピードに乗り遅れないよう、テキパキと判断することが求められる。

対して、図書室などの大テーブル。
ぐるりと首をめぐらせないと端から端までは見渡せない。
そこに、おもちゃ箱をひっくり返すように情報を並べる。

ざっくばらんに並べた情報たち。
てんでばらばらの情報たちだけれど、じっと眺めていると何かが見えてくる。

共通点、相違点。
散らばった点と点をむすんではじめて、予想もしなかった星座が浮かんでくる。

おそらく、これからを生きていく上で重要なのはこの力でしょう。

とりあえずの判断をさけ、

多くの情報を並べて比較して検討して、

まったく予想外のところからヒントをつかみ取る。

 

問題は、教室のせまくて小さな机ではこの力を育てるのは難しい、というところです。
やっぱ、少人数教育(1人の先生で10人程度の生徒)しかないかなー。

服選びで最も重要なのは「色」である。

せんせいのなつやすみ。11日目

今日はお金の使い方・お洋服へんです。

生活の三要素・衣食住のひとつ、衣服。
三要素の中でもっとも幅広い領域をもちます。

GU、ユニクロからヴィトン、エルメスまで。
数百円から数百万円まで。
ファッションの大海原はあまりにも広い。
ゆえに難しいのです。

ファッションについて学ぶために

そこで、エアークローゼットを契約してみました。
エアクローゼットとは、月額1万円の洋服レンタルサービスです。

スタイリストさんかコーディネートしてくれたセット(トップスⅹ2、ボトムスⅹ1)の洋服が送られてきて、気に入らなければ返送します。
すると、また新しいセットが送られてくる…という流れです。

服を買う、という行動にはさまざまなアクションが含まれます。

・ショッピングモールに行く(移動)
・好みのテイストの服屋を探す(探索→移動→探索)
・好みの服を探す(探索→比較)
・自分の体型に合うかを確認する(試着)
・手に入れる(判断→購入)

エアクローゼットを利用すれば、この工程をすっ飛ばしてかわいいお洋服が手に入っちゃうわけです。


エアクローゼット(以下エアクロ)の第一回目が届いたとき、思いました。

・サイズもぴったり!
・デザインもオシャレ!
・デパート品質のお洋服だから、着心地もいい!


…なのに、似合わない。

あれ?
なん、で??

着心地もいいしデザインもいいのに、なぜか私には似合わない。
そこで、次のリクエストにある一文を追加することにしました。
二回目に届いたお洋服は私にぴったりでした。

私がリクエストに追加したのは、

「色の濃い服がいい」

です。

服選びで最も重要なのは「色」である。



f:id:ZenCarpeDiem:20210731230555j:image

私のパーソナルカラーはイエローベースオータム(イエベ秋)、骨格はストレートです。

イエベ秋に似合うのは彩度・明度の低いダークトーン。
その色の服を着ると、肌の白さと明るさがキレイに見えるのです。

おそらく、AラインやIラインなどの身体をキレイに見せるためのシルエットより、

服の色を工夫して肌色との関係を整えてあげるほうが印象値を左右する

んでしょうね。

私のおすすめは、

①自分のパーソナルカラーを見きわめる
②骨格診断で自分の体型に似合うスタイルを知る
③ファッションの理論を学びつつ、自分の着たいスタイルを探す

という順番です。
私は①②はこちらの書籍で。

 

 


③はこちらで学びました。

 

 

10巻を読んで金子くんにハマり中。
このギャップはずるい……!

メモ魔の誕生。

せんせいのなつやすみ。9日目


f:id:ZenCarpeDiem:20210729211057j:image

絵日記スタイルが気に入った模様。

前田裕二さんの『メモの魔力』も面白いです。

何より、前田さんの生い立ちがすごいです…!

 

 

いい文章とは? ーー北方謙三先生の小説より

せんせいのなつやすみ。7日目。

なつやすみといっても、平日はしっかり仕事してます。
まあ、定時で帰れるようになっただけでもありがたいんですけどね。

今日は文学評論です。
このブログの題材は気まぐれシェフのアラカルトみたいなものなので、一貫性はゼロです。
しっかり振り落とされないようについて来てね!

「小説とは文体です。
 文体とは比喩です」
(『職業としての小説家』村上春樹新潮文庫より)

 

 

村上春樹さんのこの言葉を読んで以来、比喩にこだわるようになりました。

(ちなみに、比喩とは「たとえば・まるで~~のようだ」という形で、何かを別のモノでたとえる表現技法のことです)
小説を読んで面白い比喩に出会えばドッグイヤー(本の角を折ること)をつけますし、自分が書き手に回ったときは、「これって何にたとえたら分かりやすいかな?」というのを考えます。

比喩のメリットとは何か?


それは、

「曖昧なものを曖昧なまま伝えることができる」こと

です。

私の好きな比喩で、

「その食堂の雰囲気は特殊な機械工具の見本市会場に似ていた」
(『ノルウェイの森 上』村上春樹講談社文庫)

というのがあります。
食堂、というのは、ヒロインの直子が暮らしている精神病患者専用の療養施設の食堂です。
静謐でいて、でも少しざわめきがあって、落ち着かない。
具体的な文章にしてもなかなか伝わらないこの微妙な雰囲気を、比喩はいとも簡単に伝えてしまうのです。

ほかにも、比喩は想像力を使うので、読者を立ち止まらせることができます。
さらっと流せないんですよね。比喩は。

さらっと流しても、思わず後ろを振り返ってしまう。
比喩は読者の視線をコントロールできるわけです。


比喩がほとんどないのに面白い、北方謙三先生のご本。

比喩は小説において大きな役割を果たしている。
しかし、比喩がなくても心に残る小説は書ける。

ここで紹介したいのが、北方謙三先生です。
北方謙三先生の小説には比喩がほとんど出てきません。
なぜ、比喩をほとんど使わないのに北方先生の小説は面白いのか?

題材やストーリーはもちろんですが、私は、北方先生の小説の肝は「セリフ」にあると思います。

「俺は、あの一枚の絵で、多分、一生大丈夫です。なにが大丈夫かって、自分じゃ説明できませんが」
(『抱影』北方謙三講談社文庫より)

あの一枚で、もう十分だ。


そんな作品にあなたはもう出会いましたか?

私は絵画ではまだ出会っていません。
でも、音楽なら出会っています。

ムソルグスキー作曲、『展覧会の絵』。


一番好きなのはオーケストラバージョンです。
山下和仁さんのギターバージョンも、涙が出そうなくらい優しい辻井伸行さんのピアノも、「自由そのもの」を体現したようなエフゲニー・キーシンの演奏も好きです。

もし、私が急に不治の病に犯されたとして。
見知らぬ人に道端で突然刺されたとして。
言葉にできないような未曾有のなにかが起こって、暗い孤独の中で一人息絶えることになったとしても。

あのプロムナードが私を迎えにきてくれるなら、怖くはない。

そんなふうに思えるんですよね。


「あの一枚で、もう十分だ」


きっと、そう思えるものを私たちは誰もが心の中に持っている。

北方先生のつむぐ言葉たちは、私たちの心の奥底にあるものを引き出してくれるのです。


「いい文章」とは何か?

村上春樹さんが大切にしている「比喩」。
北方謙三先生のつむがれる「セリフ」。

共通するのは、「心に想起させる」という点です。

「比喩」はイメージを与え、北方先生の「セリフ」は深層心理からイメージを引き出す。
与えるか、本人の記憶や無意識から引っ張ってくるか。
方法は違えど、人の心にイメージを思い起こさせるものが感動を呼ぶのでしょう。

そんなことを考えながら、私は今日も文章を書いています。

【今日のおまけ】


私の大好きな『展覧会の絵』たちです。

 

 

 

 

展覧会の絵

展覧会の絵

Amazon

 

 

せんせいのなつやすみ。6日目

今日のテーマはお金の使い方です。
個人的には稼ぎ方より使い方のほうが重要なのではないかと思います。

なぜなら、いくらお金を稼いでも、お金の使い方が変わらない限りお金は貯まっていかないからです。

お金の使い方を学べば、おのずと稼ぎ方も分かってきます。
要は、投資につながるということです。

お金の使い方によって、自分は何を失い、何を得るのか?


浪費か、投資か?


それを考えることが大切なのです。


お金を使う上でのキーワード

今回のキーワードは二つ、

地位財非地位財 です。

平たく言うと、

他人に自慢したい買い物か、否か

です。

 

 

そこまでのスペックはいらないと思っているのに、みんなが持っているからとiMacを買うのは地位財です。
他人に自慢、もしくは社会的なステータス保持(見栄)のために買うのはよろしくありません。

なぜなら、地位財がもたらす幸せは一瞬しかないからです。
他者との比較から得られる幸福感はすぐに消えてしまう。
その欠乏を埋めるために、人はまた新たな地位財に手を出してしまいます。
あとは無限ループです。

もちろん、iMacを買って、それを使うことで幸せを得られる人もいます。

要は、お金を使うかどうかの判断に主体性があるか、 ということです。
値段が高いものは全て地位財だ! というわけではありません。
ま、これもバランスですね。


私の万年筆欲は己を満たす非地位財だけど、好きなだけ買ってたら破産します。

ー・ー・ー・ー

最近、お金の使い方で反省してることがあるので、共有しようと思います。

私の反省点、それは、

イヤなイベントがあると、それを帳消しにするように楽しいイベントを入れてしまうこと

です。
苦手なイベントがあると、そのときのイヤな気持ちを上書きするように、旅行とか買い物とか、無理やり楽しいイベントを入れちゃうクセがあるんですよね。
まあ、軽い買い物依存症です。
旅行か買い物か、ストレスをお金で解決しちゃおうとするんですよね。

ちょうど、読んだ本にヒントがありました。

 

 

エニアグラム、という性格診断をご存じですか?
二千年前のアフガニスタン地方で生まれたとされる、人間の性格を九つに分類する方法です。
(詳しくはググってね)

私はタイプ5、知識を得て観察する学者です。
このタイプ5の欠点がめちゃくちゃ図星だったんです。

タイプ5の欠点、それは、

空虚さを避けること

です。
多分、私をふくめタイプ5の人は、

「人生に無駄なことは一つもないし、どんなことからも学びがある」

と思ってるんですよね。
だからこそ、自分が「このイベントから得るものはないな」と判断したことや、「生理的にムリなのでさっさとこの場から離れたい」といったことに遭遇した場合、そのムダになってしまった時間を認めたくないんです。

だって、

「その出来事から何も得られない
                    ↓
自分はそれに何も見いだせなかった
                    ↓
自分の能力では良さを発見出来なかった
                    ↓
自分の能力の敗北=無能」

ってなっちゃうんです。

私は知識を得て観察する学者であるくせに、それの観察からは何も得られなかった。
つまり、私に見る目が、力がなかった。

私にとって空虚とは、自身の力のなさを写す鏡であるわけです。
そして、その空虚さから目をそらすために引きこもったり逃げたり、旅行の予定を入れたりなんかするわけです。


お金で空虚さを埋めるのではなく、自分の気持ちから目をそらさないで向き合うこと。

「わたし、○○キライだもんね。
しょうがないよ。キライなものはキライだもの。
もうやだ! キライ!! って叫ぶしかないよ」

そんな感じで自分の気持ちに向かい合って、自分をあやしてあげるしかないですね。

では、今日はこのへんで!